読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ノートPCのVirtualBox上にDebian環境を作る

Linux

やりたいこと

  • ホストOSはWindows,ゲストOSはDebian,仮想化にはVirtualBoxを使用
  • インターネットにはNATで接続
  • DebianにはGUI環境をインストールせず,常にPuTTYを通じて使用する
  • DebianのファイルをSambaを使ってWindowsと共有する

やったこと

  1. VMのネットワークの設定
    インターネットにはNATで接続したいので,アダプタ 1 にはNATを割り当てます.さらに,ポートフォワーディングの設定でホストポート2222からゲストポート22へのポートフォワードの設定を追加します (IPの欄は空).また,ホスト-ゲスト間の通信のためにアダプタ 2 にホストオンリーアダプタを割り当てます.
  2. Debianのインストール
    普通にインストールします.途中にどのアダプタでインターネットに接続するかを聞かれるので,最初のアダプタを選びます.
  3. IPアドレスの設定など
    /etc/network/interfaces を以下のように編集します.
    # The loopback network interface
    auto lo
    iface lo inet loopback
    
    # The primary network interface (NAT)
    auto eth0
    allow-hotplug eth0
    iface eth0 inet dhcp
    
    # The secondary network interface (Host-only)
    auto eth1
    iface eth1 inet static
    address 192.168.56.102
    netmask 255.255.255.0
    
    次にネットワークを再起動します.
    sudo /etc/init.d/networking restart
  4. Samba の設定
    まず apt で Samba をインストールします.インストール中にWORKGROUPを聞かれるので,WindowsのWORKGROUPと同じものを指定します.
    sudo apt-get install samba
    /etc/samba/smb.conf を編集します.diff はこんなかんじ.
    --- a/samba/smb.conf
    +++ b/samba/smb.conf
    @@ -114,7 +114,7 @@
     # This boolean parameter controls whether Samba attempts to sync the Unix
     # password with the SMB password when the encrypted SMB password in the
     # passdb is changed.
    -   unix password sync = yes
    +   unix password sync = no
    
     # For Unix password sync to work on a Debian GNU/Linux system, the following
     # parameters must be set (thanks to Ian Kahan < for
    @@ -239,15 +239,15 @@
    
     # By default, the home directories are exported read-only. Change the
     # next parameter to 'no' if you want to be able to write to them.
    -   read only = yes
    +   read only = no
    
     # File creation mask is set to 0700 for security reasons. If you want to
     # create files with group=rw permissions, set next parameter to 0775.
    -   create mask = 0700
    +   create mask = 0644
    
     # Directory creation mask is set to 0700 for security reasons. If you want to
     # create dirs. with group=rw permissions, set next parameter to 0775.
    -   directory mask = 0700
    +   directory mask = 0755
    
     # By default, \\server\username shares can be connected to by anyone
     # with access to the samba server.
    
    Samba のアカウントを作ります.
    sudo smbpasswd -a nojima
    最後に Samba を再起動します.
    sudo /etc/init.d/samba restart
    Windows側のエクスプローラのアドレス欄に
    \\192.168.56.102
    と打ち込んでアクセスできれば成功です.
  5. Windows の hosts ファイルの書き換え
    毎回VMのIPアドレスを打ち込むのは面倒なので,hostsに名前を登録しておきます. C:\Windows\System32\drivers\etc\hosts に以下の行を追加します.(debian-vmのところはVMの名前)
    192.168.56.102    debian-vm
    書き換えに管理者権限が必要だったりするので,管理者権限でメモ帳などを実行し,そこから編集するとよいです.

ポートフォワードについて

PuTTYでVMにアクセスする際にはポートフォワードを用いてアクセスする方が便利です.(つまり localhost の 2222 番ポートにアクセスする) 直接VMにアクセスすると,ノートPCをスリープさせた時に接続が切れてしまいますが,何故かポートフォワードを使ってアクセスすると接続が切れません.どうして接続が切れないのかよくわかりませんが,とりあえず便利です.